薬剤師の夜勤のアルバイトについて

薬剤師,アルバイト,夜勤

近年、夜勤のアルバイト薬剤師の求人が増加していますが、実際にバイトに従事する人の男女比の割合では、圧倒的に男性が多いことが特徴となっており、女性は、夜間の勤務を敬遠する傾向が強く、昼間の仕事に人気が集中していることが現実です。 そして、深夜営業のドラッグストアなどの増加や、夜間診療の病院などが開業していることを受けて、薬剤を取り扱う店や病院などでは、薬事法により薬剤師が必要不可欠となるために、夜間に働く資格取得者のアルバイトが貴重な即戦力となるのです。 そんな夜間に働く人のなかには、資格を持つ大学院生などもいて、昼間は大学で研究に没頭し、夜間に収入を得るために働く場合などでも、薬剤師資格取得の大学院生歓迎などの求人の案件が数多く見られることがあります。 また、このような職種の夜勤では、時給が高いことも特徴的で、通常でも、一般の時給より、2倍から3倍という高収入であることから、夜間の短時間労働でも、それなりの収入を得ることができるため、資格取得者には人気のバイトとなっています。 さらに、現在では、昼間は常勤で働き、夜間はアルバイト薬剤師というダプルワークの場合や、昼間は自分のやりたいことをして、夜間に薬剤師として働くという多様な働き方をする人も少しずつ増加しています。 7

夜勤の薬剤師の仕事内容について

薬剤師,アルバイト,夜勤

薬剤師で夜間の勤務がある職場として、まず最初に考えられるのは総合病院です。近年、入院患者さんのケアを医師や看護師、薬剤師などのチームで行う医療機関が増加し、病棟での薬剤師の役割も大きくなってきています。病棟での薬剤師の仕事内容については、薬の処方以外にも、注射剤の調整業務や、複数の薬を服用している患者さんの飲みあわせや副作用の管理、病棟の薬剤の管理、新規に来院した患者さんが持参した薬の判別など、求められる仕事はさまざまです。また、チーム医療の充実した医療機関では医師の回診に同行する場合もあります。夜勤で発生する業務としては、急変した患者さんの薬剤の管理や、夜間に急患として来院した患者さんへの処方などの業務があげられます。また、最近では総合病院の他にも、薬剤師の夜勤がある職場もあります。大規模な病院に近い調剤薬局の中には、数は少ないものの夜間も調剤の対応を行う薬局も出てきています。調剤薬局については、年々競争が激しくなってきており、店舗間の差別化を図るなかで、夜間も営業する調剤薬局が増加する可能性が考えられます。調剤薬局での業務は日勤とほぼ同じ内容ですが、給与面では高待遇が期待できます。 8

薬剤師の夜勤のアルバイト新着記事

2014/11/09 06:23:09 |
薬剤師として働くためには、薬学部を卒業する必要があります。6年間勉強をして、国家資格を取得することではじめてなることができる職業です。そのため、専門性が高く、豊富な知識が要求されます。調剤のやり方によっては、患者さんの生命に関わる仕事なので、繊細も必要な仕事だといえるでしょう。専門性が高い仕事なので、ほかの仕事と比べても給料は高いです。雇用形態や職場によっても給料は異なります。しかし、高齢化社会は進んでいくので、これからも需要が高い仕事になることは間違いありません。薬剤師として働く場合には、シフ...
2014/11/08 08:47:08 |
薬剤師の夜勤と時給について、あなたはどのくらいご存知でしょうか。まず、薬剤師になるためには6年制の薬剤師課程を卒業し、薬剤師国家試験に合格する必要があります。その後の勤務先としては、調剤薬局、総合病院、個人病院、大学病院など様々です。薬剤師は、現在売り手市場のため、お給料も他の職業に比べると高いと言われております。現在の時給としては、2000円から3000円が相場となっております。ここに、夜勤が加わりますと1回につき20000円ほどの手当てがつくことが相場ですので、人によりますが年収600万円ほ...
2014/11/07 19:52:07 |
薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業する必要があります。6年間の勉強をして、国家資格を取得することが最低条件です。多くの知識が必要になる仕事なので、目指すときには覚悟が必要です。国家資格を取得することで、薬剤師として働くための道が開けてきます。しかし、まっすぐに進む人もいれば、違う仕事に就く人もいるでしょう。しかし、将来的には国家資格が役に立つこともあるのです。結婚をして、子どもを生んでから社会復帰をする主婦もいます。そういった場合には、時給が高いアルバイトやパートが好まれます。薬剤師の雇用...
2014/11/06 17:18:06 |
短期間で稼ぎたいと考える際に、薬剤師免許を持っていればうまく行う方法があります。それは高時給で長く働ける求人に応募するという方法です。特に目玉になるのが病院の夜勤の求人です。労働時間に着目しても、病院で3交代で行っていたとすれば8時間勤務であり、休憩が1時間あったとしても7時間の勤務を行うことが可能です。週末の勤務も一般的に高時給の求人ですが、夜勤の場合には週末の勤務と違って毎日行うことが可能です。また、休日や週末の勤務と重なるとさらに時給が高くなることから短期間で多く稼ぐことができるのです。こ...
2014/11/05 13:25:05 |
常勤薬剤師のほとんどの人にとって大きなストレスとなっているのは仕事の多さよりも生活の不規則さです。夜勤や残業の身体的、精神的負担は大きく、これらを軽減して欲しいという要請は後を絶ちません。こういった状況を見て病院側も常勤薬剤師の労働条件を改善しようという動きを見せています。求人サイトで病院勤務の案件を見ると、日勤のみという募集がだんだんと見受けられるようになってきています。こういったストレスが軽減された常勤薬剤師の求人はとても人気があります。その反面で、日勤のみの薬剤師が増えると、そうでない薬剤...